中村工務店

大阪 高槻市 中古住宅 リフォームするなら直接施工の中村工務店へ

お問い合わせ
072-628-7375 受付:9時~19時 日曜定休 072-628-7375 受付:9時~19時 日曜定休

ご購入時のホームインスペクション

ホームインスペクション

こんな方がホームインスペクションをご利用になっています。

  • 住宅の購入を検討していて欠陥住宅を買いたくない
  • 住宅購入後に余計な出費をしたくない
  • 自宅でリフォームしたほうが良い箇所を知りたい
  • 住居のメンテナンスにいついくらかかるか知りたい

ホームインスペクションとは?

あまり聞き慣れない言葉かもしれません。
欧米など海外では古くから多くの方が利用されていますが、日本ではこれから普及していくでしょう。

ホームインスペクションとは

住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的(客観的)な立場から、また専門家の見地から、 住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行う専門業務です

ほとんどの人が購入前提で、住居に何も問題がなければ購入しようと考えている方が多いです。
人生において大きな買い物ですから、専門家に背中を押してもらえれば安心して購入できるでしょう。

またすでに持ち家の方も、住居売却前提で売り出し前にホームインスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し安心して取引を行うために利用されるケースもあります。

いうなれば「住まいドッグ(健康診断)」です。

私たちも定期的に人間ドックを受診し、健康の証明やたとえ何らかの症状があっても早期の治療ができます。
住宅も同じですね。

  • 購入前に住宅の状態をきちんと知りたい。
  • 傷んでいるところがあるならメンテナンスしたい。

まさに住宅の健康診断がホームインスペクションです。

中村工務店では日本ホームインスペクターズ協会公認のホームインスペクターが協会の倫理行動規定を遵守し行います。

また住宅診断には今までの経験や実績、スキルも関わってきます。
弊社のホームインスペクターは主に木造住宅を中心に新築工事・リフォーム工事を行ってきました。
1,000件以上の現場経験から構造、劣化事象まで熟知し劣化診断を見極める目に自信があります。

お住まいの購入をご検討中の方や、住まいドックに興味がある方はお気軽にご相談ください。

弊社のホームインスペクションの特徴

その1

診断当日はホームインスペクターとして第三者的立場で診断を行います
また、診断後の積極的な工事営業は行っていません。ご安心ください。

その2

診断結果をお伝えする際にも、不安や恐怖を煽るような説明はしません
事実に基づいた結果と根拠を提示して納得いく説明を心がけています
※床下や小屋裏などご覧いただけない箇所に関しては、写真を撮って、後日報告書に添付致します。

その3

結果が悪い場合でも、建てた年月日によって建物の基準が違うので、そういった話も混じえてご説明いたします

また診断結果をお伝えする際にも、不安や恐怖を煽るような説明はしません。
事実に基づいた結果と根拠を提示して納得いく説明を心がけています。
※床下や小屋裏など見れない箇所に関しては、写真を撮ってご説明致します。

お客様のご要望によって 住宅診断結果をもとにしたアドバイス的な内容や、おおよその修繕価格をお伝えすることも可能です。

住宅診断中は細心の注意を払ってチェックしていますが JSHIの公認ホームインスペクター認定会員の「ホームインスペクター賠償責任保険」がかけられています。
検査中に起きた第三者(対人、対物)への損害賠償費用を補償致します。
誤って検査中に住宅の壁を破ってしまった、依頼者にケガを負わせたなどの事故が対象です。

主な診断内容

外廻り調査

基礎、外壁、屋根、バルコニー、雨どい、シャッター他の状態(ひび割れ・欠損・ハガレ・変色・破裂など)

室内調査

柱、壁、床、建具、サッシ他の状態(傾き・ひび割れ・欠損・ハガレ・変色・破裂など)

設備調査

水廻り、換気扇、給湯器、火災警報器等の状態

小屋裏調査

梁桁及び小屋裏の状態(小屋組、欠損、金物、雨漏り跡など)
※基本コースでは点検口から見れる範囲での診断となります。侵入しての詳細調査はオプションでお受けしております。

床下調査

基礎、土台及び床組(ひび割れ、欠損、金物、シロアリ被害の有無など)
※基本コースでは点検口から見れる範囲での診断となります。侵入しての詳細調査はオプションでお受けしております。

診断当日は、第三者的な立場で100項目以上のチェックを実施致します。

現地での診断後、速報を口頭でお伝え致します。
その後(5営業日以内)に詳細な報告書を郵送します。
※手渡しでのご説明も対応しておりますので、お気軽にお申し付けください。

診断にかかる時間

家全体をチェックいたしますので、通常で3~4時間(耐震診断をセットで実施する場合は4~5時間)ほどお時間をいただきます。

外廻りもしっかりと調査させていただくため、基本的に日没前の明るい内に診断させていただきます。
また夏場は午前中(10時開始の13時終了ぐらい)での診断をお願いしています。
夏場の小屋裏はサウナ状態となりますので、暑さで正しい診断が出来ない状況を回避するためです。

診断費用

※戸建(木造基準です)。 その他構造(RC、S造)の場合は要相談
※価格は全て税別価格です。

戸建て ホームインスペクション費用

中古戸建
新築戸建
備考
基本料金 ~115㎡まで 50,000円 50,000円 平面図がある場合(不動産物件図面でも対応可)※図面がない場合は、図面作成費用要
加算料金 以降10㎡毎に +2,000円 +2,000円 -
報告書の有無 -
オプション 図面作成 15,000円 -
床下詳細調査 20,000円 20,000円 点検口がある場合
屋根裏詳細調査 10,000円 10,000円 点検口がある場合
耐震診断 20,000円 - ※床下調査+屋根裏調査は必須
耐震診断適合証明書発行 20,000円 -

マンション ホームインスペクション費用

※価格は全て税別価格です。

中古マンション
新築マンション(内覧会)
備考
基本料金 ~115㎡まで 50,000円 50,000円 平面図がある場合(不動産物件図面でも対応可)※図面がない場合は、図面作成費用要
加算料金 以降10㎡毎に +2,000円 +2,000円 -
報告書の有無 -
オプション 図面作成 15,000円 -

注意事項

確認申請図面があればホームインスペクション時の参考に使用しますので事前にご用意ください。
他にも以前されたリフォーム図面や、住宅購入時の不動産案内図面でも結構です。
※売主様(仲介業者様)へ事前に、ホームインスペクションの承諾をいただいてもらう必要があります。

当日は全ての部屋を見させていただきますので、ご対応をよろしくお願い致します。
特に床下・小屋裏を調査するため、床下収納庫の物を事前にどけたり、和室押入れに点検口があれば中の荷物を出しておいてください。

ホームインスペクションのお申し込みについて

基本的には予約制となっています。
お問い合わせフォームまたはお電話をご利用ください。
日時の都合が合えば数日前でもお引き受けすることが可能です。
※日曜定休をいただいておりますが、ホームインスペクションが日曜になる場合はご相談ください。
流れの早い不動産取引に極力対応したいと思います。

電話:072-628-7375 072-628-7375(受付:9時~19時 日曜定休)
メールフォーム

ホームインスペクションの流れ

お問合わせ→申込み内容の確認、費用、調査日時の打合せ→必要書類確認→事前確認の電話→診断当日→報告書提出→お振込み→診断

詳細はこちら

実績紹介

※画像をクリックすると拡大します。

新築マンション購入時のホームインスペクション

高槻市 R様

R様は私が加盟しているNPO法人日本ホームインスペクターズ協会が行うセミナーにご参加頂きました。

そこで、インスペクションの重要性をご理解いただき、ご自身の新築マンション購入の際に利用していただきました。新築マンションの場合は、工事前に申込みを行い、工事が終わり出来上がった時に、内覧会(施主検査や使い方説明など)の場が設けられています。

今回は、この内覧会に同行しインスペクションを行いました。
下の写真は実際に行っている写真。実際には内容は多岐に渡りますが、その一例です。


  • 洗面台下
    漏水チェック


  • 窓手摺
    固定状況の確認


  • 照明器具を取付る金具
    の固定確認

詳細はこちら

ホームインスペクション業者の見極めについて

1第三者性を打ち出しているか?

第三者性であるかは非常に重要です。診断内容に改ざんがあると元も子もありません。

例えば、診断の依頼者が取引先の不動産業者だった場合、「良い診断内容にしといてほしい」などと言った話がある可能性もあります。

2公認のホームインスペクターか?

一つの基準として、日本ホームインスペクターズ協会(略してJSHI)公認のホームインスペクターが在籍しているかどうか。

独自の資格試験を合格した1000名超(2014年度試験後)のホームインスペクターが所属する国内最大の団体です。

3建築業界の兼業者は倫理行動規定に基づいて行動しているか?

国土交通省の「インスペクション・ガイドライン」にある検査人の資格は、①建築士 ②建築施工管理技士 ③住宅検査やアフターサービス・リフォームなどの実務経験者とされているため現在のホームインスペクターのほとんどが建設業やリフォーム業、不動産業などとの兼業です。

日本におけるホームインスペクションの市場はまだまだ未成熟なので仕方がないところですが、中には本業のための営業ツール(いわゆる診断商法的な)と考える業者がいるのも事実です。中にはインスペクション料金無料を打ち出す業者もあるそうです。しかしそんな業者ほど注意が必要だとお考えください。

4業者の経験・実績をみて判断しましょう。

どんなことでも経験や実績が重要なのは言うまでもありません。
たとえば、同じ建築士資格者でも設計の経験が長い方と、現場での施工管理の経験が長い方とではその知識や経験・スキルに大きく違いがあります。ホームインスペクター自身の個性でもあります。

木造戸建てを主に扱ってきた方と鉄筋コンクリート造のビルを扱ってきた方とでもやはりその経験には違いが生じます。

最後に

中村工務店も住宅工事を行ってはおりますが、ホームインスペクションのご依頼者様に対して当社の方から積極的に修繕やリフォーム工事の営業を行うことは一切ありません。
「リフォーム工事を受注するための」「売買契約を結ぶための」といったホームインスペクションでは意味がないからです。

無料を誘い文句に工事を請け負う業者もいますので、信頼できる業者かどうか十分に見極めてください
診断士資格の有無や日本ホームインスペクターズ協会への所属、実績などが見極めの参考になります。

参考サイト:特定非営利活動法人 日本ホームインスペクターズ協会(http://www.jshi.org/)

お電話はこちら:072-628-7375 メールフォームお問い合わせはこちら
ページトップへ